人気ブログランキング | 話題のタグを見る

佐保会兵庫県支部 楪の会 

yuzuriha3.exblog.jp
ブログトップ

庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち

講師 中島悦子氏(S34文地)

日時 令和6425日(木)13:3015:00

場所 ウィズあかし 学習室703

出席者 19名(含講師)


中嶋悦子氏のお話の概要です、

庭園研究家・森蘊先生を囲む会は「槐の会」(えんじゅの会)と名付けられ、奈良女子大学2期生(昭和29年卒)から7期生(昭和34年卒)の20人余りが属していました。森蘊先生に案内していただいて、学生時代から寺社や庭園を数多く見学させていただくという稀有な経験をしました。

そのきっかけは次の通りです。森先生は東京の方ですが、昭和27年に奈良国立文化財研究所の室長として着任され、日吉館に滞在しておられました。日吉館の女将を話し相手にされていましたが、忙しい女将は奈良女2期生の喜多さんに森先生を紹介し、喜多さんは友人に声をかけて、森先生のご案内で庭園見学が始まります。森先生は奈女大に非常勤でも来ておられました。

森先生は昭和42年に定年退職され、翌年京都の自宅に「庭園文化研究所」を設立され、昭和63年に逝去されました。その後は、きよ子夫人と共に先生ゆかりの庭園見学を続けますが、平成19年にきよ子夫人が逝去されてから槐の会は休眠状態となりました。

森先生没後33年が経った2021(令和3)年9月、槐の会メンバーは森蘊先生の思い出を綴ることになり、昔の写真や森先生からいただいたスケッチ入りはがきなどを探し出して、2022年11月に『「庭ひとすじ」の人(森蘊先生の思い出)』を刊行することができました。この本の刊行をすすめてくださったのが、編集者エマニュエル・マレスさんです。マレスさんとの出会いがこの本を作るきっかけになりました。

エマニュエル・マレスさんとの出会いのことをお話します。

マレスさんは1978年フランス生まれで、大学で日本語や日本文化を学んだ後、2006年に来日して京都工業繊維大学で博士号を取得、2019年に京都産業大学文化学部准教授となられました。大学院時代に作庭家の下で植木職人見習いをしている時に森蘊の庭に興味を持ち、奈文研で森蘊の資料を研究をされました。2021年6月、奈文研から展示会「奈良を測る・・・森蘊の庭園研究と作庭・・・」(8.7~9.12)の案内状をいただき、槐の会メンバー4人が参観に出かけました。そこでマレスさんにお会いして、囲む会の写真などをみせてお話しているうちにマレスさんから「皆さんで森蘊先生の思い出を書いたら?」との提案を受け、槐の会メンバーで話し合って書くことになりました。

この本をまとめることで、庭園のことを私たちに教えてくださった森蘊先生の思い出が蘇り、形にして残すことができてほっとしています。

そのご縁で、皆様の前で森蘊先生のことをお話する機会を得ることができ、とてもうれしく思いますと結ばれました。

庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち_b0211836_21401800.jpg
庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち_b0211836_21402976.jpg
庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち_b0211836_21404619.jpg
庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち_b0211836_21405385.jpg
庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち_b0211836_21410147.jpg
庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち_b0211836_21411076.jpg
庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち_b0211836_21411931.jpg
庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち_b0211836_21412684.jpg
庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち_b0211836_21413192.jpg
庭園研究家・故森蘊先生の思い出を受け継ぐ奈女大生たち_b0211836_21414332.jpg






by yuzurihanokai2 | 2024-05-01 21:32