人気ブログランキング | 話題のタグを見る

佐保会兵庫県支部 楪の会 

yuzuriha3.exblog.jp
ブログトップ

芸術鑑賞  落語を楽しむ

桂 治門(かつら じもん)氏

2020227日(木)11:30~13:40    於 ドンク岡本グルメ館 3階ホール


昨暮に出現した新型コロナウィルスの感染がじわじわと広がり身近に迫ってきた感じで、外出や会合も自粛ムードの昨今だったせいもあり、キャンセルも出て、当日は18名の出席となりました。

今日の舞台は噺家の桂治門氏による落語でした。治門氏は佐保会兵庫県支部会員のご子息で、2008年に桂小春団治師匠に入門されて、現在上方落語協会会員としてご活躍中です。出囃子にのって軽やかに登場し(中・高バスケットボール部のキャリア十分)、緋毛氈を敷いた高座に登って噺が始まりました。

マクラはご自身のプロフィール紹介と謎かけから。「インフルエンザと掛けて、結婚と解く。その心は」「熱は冷めてもせきはぬけない」、また、「有名な画家と解く。その心は」「ゴッホ、ゴッホ」。思わず、会場から笑いと拍手が起こりました。「先日、銭湯での落語会の時に観客の一人が、ごはんでも食べてやとポチ袋、恐縮しながらもらって後で見たらフリカケだった」などなど、機知に富んだエピソードや小噺の連発にうなずいたり笑ったりの連続で、なごやかな雰囲気に包まれました。

本日の演目は時節柄、医者にまつわる話ということで、古典落語「犬の目」でした。目がはっきり見えないという患者の眼をくりぬいて洗い、乾かしている間に飼い犬に食べられてしまったことから、その犬の目を代わりに入れるというお噺。目はよく見えるようになったが、一つ困ったことが・・・意外なオチに納得、笑い。

色物芸といわれる「南京玉すだれ」(日本発祥とか)の見事な技もご披露してくださいました。


コロナウィルス禍で不安と落ち着かない毎日の中でのひと時、声を出してよく笑わせていただいて心がパアッと明るくなりました。笑いは免疫力をアップさせる特効薬と言われます(ナチュラル・キラー細胞を活性化させ、免疫力を高める)。インフルエンザやコロナウィルスに打ち勝つための力をたくさんいただいたように思います。治門氏の若々しい話力に魅了された芸術鑑賞会でした。


芸術鑑賞  落語を楽しむ_b0211836_17541378.jpg
芸術鑑賞  落語を楽しむ_b0211836_17535273.jpg
芸術鑑賞  落語を楽しむ_b0211836_17531220.jpg
芸術鑑賞  落語を楽しむ_b0211836_17525689.jpg
芸術鑑賞  落語を楽しむ_b0211836_17520623.jpg


 


# by yuzurihanokai2 | 2020-02-29 17:40

ゴッホ展

2020130日(木)13001500

兵庫県立美術館   参加者 27

   

13001330 レクチャルームで、学芸員の講義

7年ぶりの来日となる「糸杉」をはじめ「麦畑」、「薔薇」等ファン・ゴッホの作品約50点を世界10か国・地域27か所の所蔵先から集めました。彼に影響を与えたハーグ派と印象派を代表する巨匠たちの作品約30点なども交えながら、ゴッホがいかにしてゴッホになったのか、独自の画風を確立するまでの過程を紹介します。』

1330~ 仲間同士自由に、ゴッホ展を鑑賞

ゴッホ展(1/253/29)は、開幕間もないせいか、混んでいました。集合時間13時に全員そろい、事前にお願いしておいた学芸員のレクチャーを受け、その後は自由鑑賞としました。今回初めてみる「薔薇」はきれいでした、「ひまわりの絵がなかったね」という声が多くきかれました。レクチャーのおかげで、展示の流れもよくわかり、ゴッホの絵に対する理解も、興味も深まりました。見ごたえのある展覧会でした。

≪画像は展覧会のパンフレットやポスターからのものです≫


第1部 ハーグ派に導かれて
ゴッホ展_b0211836_10553034.jpg
器と梨のある静物(1885)

ゴッホ展_b0211836_10555629.jpg
農婦の頭部(1885)

第2部 印象派に学ぶ
ゴッホ展_b0211836_10561373.jpg
麦畑(1886)

ゴッホ展_b0211836_10563443.jpg
糸杉(1889)

ゴッホ展_b0211836_10564881.jpg
薔薇(1990)



# by yuzurihanokai2 | 2020-02-05 10:40 | 美術鑑賞

脱・住宅短命社会

 令和元年1128日 神戸勤労会館 参加者7名

 講師 山崎古都子氏(S41 家住 S43家修住~家庭管理学)

愛知教育大・滋賀大学教育学部勤務 45歳に学位論文

           

脱・住宅短命社会_b0211836_12414457.jpg




関連著書                
脱・住宅短命社会_b0211836_12485392.jpg

1「寿命」とは、あるものが生まれてから死ぬまでの年(時間)数

 物には①耐用年数(機能的寿命or仕様的寿命)賞味期限

  ②耐久年数(性能的寿命、消費期限)がある

  住宅の耐用年数

   滅失減価償却(課税評価市、市場の決定評価、マンションの建て替え要件、耐震性などによる。

  *期待耐用年数として山崎氏の提案*
   現存住宅が今後も期待する予測余命+建築年数

2日本の都市住宅の寿命が短い  

滅失住宅の平均地区後経過年数は日本41年 米国103年 英国141

住宅の期待耐用年数は日本(都市41年 地方74年)米国都市99年  

 米国では住宅(築後平均37.2年)付きの宅地を購入し、建て替えはまれ

日本では既存住宅(中古・相続)の建替率が高い。22.4% 米国1%

【理由1】    

○住宅市場が新築住宅中心

住宅取引に対する既存住宅取引率が米国では高く日本都市部では低い。

日本では中古住宅比率が小さいつまり市場が小さい。

戸建購入 日本:新築84%中古14%相続2

 米国:新築12%中古86相続2

脱・住宅短命社会_b0211836_13324917.jpg

 ○消費住宅とみなす傾向

   中古購入理由 日本 価格妥当51% 仮の宿42

       米国 価格妥当66% 職人の技34% 伝統重視21% 

   住宅に対する愛着

     日本では筑後30年を過ぎると急激に愛着が下がるが米国では逆に上がる。

      その愛着の度合いで強いのは

日本都市部では建替65%で強い。中古では27%

米国では中古、新築がそれぞれ50%近い 

脱・住宅短命社会_b0211836_13285964.jpg

 ○日本での建替の動機

 家族構成、ライフスタイル 個人主義 

先進化~アジアよりヨーロッパ~日本では中流化

  要求高く、豊かさ

  戦後“日本は悪い”外国にならうようになった

  戦後~量より質へ  空家多い

  1973年に総住宅数>総世帯数 になった

 ○日本 耐用年数30

伝統文化を大切にしなくなった

耐用年数が短い理由

戦後の悪い経済状況~量を建てた

立替促す政策、余力 → 新築

日本人の潔癖感~人の手垢のついたものを嫌がる。

ものに“ことだま”が宿っている。

・・・私の“ことだま”にするということで建替

【理由2】日本では 建物に注目しない。 

 中古住宅を仮の宿と選んだ人35

中古住宅は宅地への先行投資とする。

【理由3】日本での持ち家の経済評価が米国に比べて低い

【理由4】気にいった間取り指向が立て替えを促す

    耐震性、低質が多いのも中古住宅の特徴

【理由4】生活力。日頃の関心の弱小化

  住宅検査への関心 日本<米国

  日本では検査なしでも住める。

   竣工検査のみ(義務化されても90%)

   米国では中古売買が多い。中古住宅市場への参入時に検査 

    住宅新聞、女性不動産屋多い~女性はコミュニチティ発達

    売り手、買い手の別々の不動産屋

  大掃除  畳を上げる 干す 床下の点検~損傷が見つかる。

4脱・住宅短命社会に向けて

  住宅の寿命を延ばすように基本・恒常的維持管理

  米国の中古市場では管理の質が売却利益を上げる。そのため、管理に関心が向く

  日本では管理と売却は無関係

  日本では親から子への生活技術伝承するのを不必要とする70

      米国10

  DIYの習慣があるほど期待耐用年数が多い。中古住宅に住んでいる方がDIYの習慣がある。

その他

 ・空家問題は放っておけない   

 ・マンション 建物、設備の耐久性を伸ばす。管理をしっかりやると延びる。

   コンクリート60年 古いマンション・・・川砂のコンックリート  

       新しいマンション・・・ 海砂のコンクリート

    

  国交省は建替をはやめようとしている・・経済効果のため。容積率を上げる

【感想】時間をかけ綿密な調査の結果の発表でした。レジメには多くのグラフや表が提示されていました。

  何となく、感じていることが、納得いきました。

  私の近所では空家や増えていましたが、駅前の開発が計画されているということもあるのか、

  最近新築があちこち見られます。  


** 来年度の山崎氏の講座 予告 ***

    「日本的住宅の管理」について

    「家事労働論」

  関連著書 

脱・住宅短命社会_b0211836_12190461.jpg


脱・住宅短命社会_b0211836_12183242.jpg


# by yuzurihanokai2 | 2019-12-09 14:01 | 講演

歴史散歩  港町・高砂を巡る-帆布と松と-

2019年10月24日(木) 講師 小栗栖 真弓氏 (S53文史、S55博前史)

 朝から生憎の雨になりましたが、午前10時、山陽電鉄の高砂駅に予定の24名が集合し、小栗栖氏から資料をいただいて出発しました。

1.十輪寺

 まず、十輪寺に向かいました。815年、弘法大師が勅命により創建したとされる真言宗寺院だったのが、1207年、法然上人がこの地で説法したことから、法然を中興開山に迎えて浄土宗に転宗したと伝えられています。堂々とした立派なお寺でした。

 特別に本堂を開けていただき、拝観させていただくことができました。金箔の柱や金色に輝く天蓋、美しい欄間など極楽浄土を思わせるような豪華な空間の中でうっとりとしたひと時でした。本堂裏の墓地にある旧高砂城主梶原影秀公の墓碑や、境内にある工楽松右衛門墓や文禄の役で溺死した高砂の水夫たちを供養する印塔なども見学しました。

2.申義堂

 文化年間(1804~1818)に、姫路藩家老・河合寸翁が庶民教育を行うために設立した学問所で、高砂の学者である美濃部秀芳などが教えていました。高砂の庶民が学んだ郷学として、教育の原点ともいえる施設です。明治時代の廃校後、加古川市に移設されていましたが、平成24(2012)年高砂町に、江戸時代当初の姿で復元されました。高砂市指定文化財。

 座敷に座ってボランティアガイドの方の説明を聴きながら、四書五経などを熱心に学んでいた子ども達の姿に思いを馳せました。

3.善立寺(天竺徳兵衛ゆかりの地)

 天竺徳兵衛は、1612年に高砂の地に生まれ、十輪寺で勉学に励み、15歳の時にシャム(タイ)へ、その後南蛮に渡り貿易をしました。異国文化を記した見聞記を残しています。

4.昼食  『そらまめ』  高砂銀座商店街(鍛冶屋町) 「高砂や」内

 名物の『穴子のせいろ蒸し(下ごしらえした焼きあなごを、特性たれを混ぜ込んだご飯と一緒に蒸し上げる)と茶そば』をとてもおいしくいただきました。さすが、本場の焼き穴子ならではの美味でした。

5.工楽松右衛門旧宅・南堀川遺構

 江戸時代に海運業や港湾改修などを行った工楽松右衛門の旧宅は、加古川舟運や海運の港町として繁栄した高砂の南堀川の船着き場の前にあります。平成28年に高砂市が工楽家より寄付を受けて、復元・修理しました。旧宅東側の発掘調査により、江戸時代の南堀川遺構が良好に保存されていることが分かり、堀の川護岸の石垣や舟荷を揚げ降ろしする雁木という石階段など、船着き場の遺構を見ることができます。

 初代松右衛門(1743~1812)は海運業を営み、船の帆布を改良して丈夫で耐久性のある「松右衛門帆」を発明しました。また、幕府や藩の依頼で、函館や択捉島、鞆の津など全国の港を改修し、1810年高砂に居住。2代松右衛門以降も、地元高砂港の改修や新田の開発などの事業を行いました。

 工楽家は、近代には砂糖問屋などを営みながら、棟方志功などの文化人と交流し、居宅は文化サロンにもなっていました。

6.高砂神社

 神功皇后が征西凱旋の途中、高砂の地に大己貴命を祀ったといわれる。相生の松(1つの根から雌雄2本の幹をもつ松で、尉と姥の2神が宿る)は創建間もなく生えた霊松と伝えられ、現在は5代目とのこと。境内には、霊松殿、尉姥(じょうとんば)神社、神木いぶき等があり、謡曲「高砂」の発祥の地として有名です。池田輝政が築城した高砂城の跡でもあります。


 加古川の河口部西側に広がる高砂市、南は播磨灘に面し、古くから舟運、海運の便に恵まれて栄えてきたところです。その栄華を彷彿させる寺社や歴史的な街並みをゆっくりと徒歩で巡って、その雰囲気に浸りながら過ごした一日でした。いつもながら、小栗栖真弓氏の詳細な資料と名解説は、初めて訪れた高砂の地の魅力を何倍も引き出してくださったと思います。

歴史散歩  港町・高砂を巡る-帆布と松と-_b0211836_22162292.jpg
歴史散歩  港町・高砂を巡る-帆布と松と-_b0211836_22161195.jpg
十輪寺
歴史散歩  港町・高砂を巡る-帆布と松と-_b0211836_22160274.jpg
申義堂
歴史散歩  港町・高砂を巡る-帆布と松と-_b0211836_22155667.jpg
穴子のせいろ蒸しと茶そば
歴史散歩  港町・高砂を巡る-帆布と松と-_b0211836_22154502.jpg
工楽松右衛門旧宅
歴史散歩  港町・高砂を巡る-帆布と松と-_b0211836_22151930.jpg
尉と姥
歴史散歩  港町・高砂を巡る-帆布と松と-_b0211836_22151098.jpg
高砂神社の相生の松





# by yuzurihanokai2 | 2019-11-15 19:15

多文化共生って~ バングラデシュ




講師 マズムダル・ミナ   桂 美穂子
 7月6日 勤労会館  参加者10名
 主にミナさんがプロテクターを使っての説明でした。
 映像は美しく、特に建物や仏像などきらびやかでした
 なお(  )内は補足として、ネットからの引用です)

多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_13045429.jpg
バングラデシュ人民共和国
イスラム教徒主体の国
国旗:みどり色の地に赤い丸
多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_13060311.jpg
1 地理上の位置
   かっての東パキスタン
多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_13081170.jpg
2歴史
     ベンガル地方東側は各時期の王朝の属領で、宗教の影響を受けていた。 
     (少し調べてみたが王朝の攻防の歴史があり、私には少々難しかった。)
     BC4C  マウリア朝  仏教の影響
     8C ヒンズー教
     16C  イスラム教
     1700年~1947年 イギリスの支配下
     1947年パキスタン(東パキスタンとして)独立
     1971年12月16日 バングラデシュとして独立
        2度の独立があったということである。
3人口統計・人口分布
     1億6500万人  世界8位(日本11位)人口密度1104.87人/㎢
     成長率1.03%%  世界人口の3.11%
     ムスリム(イスラム教徒のこと)90%  ヒンズー9%

     平均寿命 男71.1  女74.4   出生率2.17   死亡率5.4   
     自殺少ない
     ベンガル語を話す。
4経済
     GDP 世界41位  成長率7.16

5教育
    就学率72.9%   
    女子・・高校まで無料  かっては女子に教育させていなかった。  
    小学校 全員無料

6ロヒンギャ難民危機
   (ロヒンギャ:ミャンマ-のラカイン州に住む少数民族でムスリン。国籍がない。ロヒンギャ語を話す。)
   1917年軍事的弾圧を受け難民となった。
   ミャンマの弾圧で70万人が移動させられた。  難民25万人  待機350万人
   バングラデシュのロヒンギャ難民  723,000 >in2017
                1975年  20,000 入ってきた
                1991~92 250,000 入ってきた

    ロヒンギャはベンガル人 ベンガル語を話す。働き者
    バングラデシュが受け入れている。ナフ川から入る。
  
7気候変動と地球温暖化の影響
    温暖化、人口多く排出物で汚染、森林伐採・火災・枯死
    破壊・・・川の氾濫  温暖化で陸が減る:海面下になる予想は1番目ジャカルタ 2番目ロンドン 8番目大阪
    創造・・・新しい土地の開発
             最初に個人がはいり、あとで政府がはいる。
             強い者がとる。
多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_13495110.jpg
多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_13502305.jpg

8司法所・立法部・執行部
  三権分立になっているが、司法は平等でない
  独立記念日3月26日
多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_14043246.jpg

9重要な国民日
  言語記念日 2月21日・・(国際母国語の日でもある。1999年ユネスコで制定した。)
      世界で自分の言語で!
     (政府はウルドウ語を国語とし、学校やメディアで用いさせようとした。
      1952年2月21日 ダッカでベンガル語を公用語に認めるよう求めるデモ隊に警官隊が 
      発砲した。独立運動の出来事の重要な一つして、言語記念日とした。)

多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_15331855.jpg
    日本でも
多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_15341272.jpg
 
勝利の日 12月14
            
多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_13022877.jpg

10 祭り
  正月・・4月14日  これから夏になるとき。

多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_13191090.jpg

多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_14301003.jpg

11 世界遺産と重要な建築物
  ベンガルトラ
  イスラムモスク
  マングロ-プ
多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_14145419.jpg
多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_14433946.jpg
多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_14332280.jpg



12 少数民族と部族

多文化共生って~ バングラデシュ_b0211836_14330158.jpg
2時間に詰め込んだバングラデシュの紹介であった。
歴史とその遺産、人々の暮らし方の一部をかいま見たのだが、何も知らなかったことで恥ずかしい思いでした。
今後ニュースなどでは今までとは違う思いを持つことでしょう。

桂 美穂子氏より「 ミナさんは来日して30年になります。日本文化を尊重され、特に日本語検定1級をご家族全員がもっておられます。
一方自国の文化も大切にされ、自国の現状も正しくみておられます。しっかりと日本で自立して生活されています。
これこそ多文化共生です。異なる国籍・民族の人々が互いの衣食住を紹介しあうのでなく、対等に自立した生活形式を確立することです。」












# by yuzurihanokai2 | 2019-08-12 14:34 | 国際